Instagramの使い方
#3 ハッシュタグ効果的な付け方

今回もInstagram(インスタグラム)の使い方を初心者の方にも分かりやすく解説していきたいと思います。
前回ご紹介をしたハッシュタグですが、何でも手当たり次第に付ければ良いという訳ではりません。

というわけで、今回はハッシュタグの効果的な付け方、ハッシュタグの選び方などをご紹介します。


目次

  1. ハッシュタグの選び方
  2. ハッシュタグの投稿数を確認しよう
  3. 定番・人気のハッシュタグを使おう

ハッシュタグの選び方

前回の記事で#リンゴで検索をした例をご紹介しました。
[例:#リンゴ で検索した場合]

Instagramの使い方 ハッシュタグ検索例

上の検索結果をよーく見てみて下さい!!
本物の林檎もあれば、りんごのイラストや、りんごのアクセサリーなど、りんごに関連するものが沢山あります。

#リンゴは多くの人が付ける可能性のあるハッシュタグなのです。
果物の林檎から、りんごモチーフのものや、りんごのお菓子などなど、関連するものも多いので、投稿や検索をする人も多くなります。

検索する人が多ければ沢山の人に見られるような気がしますが、投稿も多いのでその分、見られる確率も低くなってしまいます。
そのため、ハッシュタグを付ける際は#リンゴだけではなく、以下のように、より詳しいハッシュタグも加えると効果的です。

[例:#リンゴ #青森りんご #さんふじ]
[例:#リンゴ #りんごタルト #アップルタルト]

果物のリンゴならば、産地や品種(ブランド名)など。または、リンゴの何なのか。りんごタルト・アップルパイ・りんごジャム・りんごバッグなどなど。
メジャーなタグとマイナーなタグを組み合わせると良いでしょう。

ただ、あまりにもマイナーなハッシュタグは検索自体をする人が少ないので、そこは注意が必要です。
どのハッシュタグがマイナーなのかメジャーなのかを確認する方法は次の項目でご説明します。


ハッシュタグの投稿数を確認しよう

Instagramでは、ハッシュタグにどのくらいの投稿数があるのかを確認することができます。
投稿数を確認する方法は2つあります。

(1) 検索をする

検索欄に入力をすると画像のように投稿数が表示されます。
Instagramではk=1,000になります。なので、176k=176,000の投稿があるということです。
※ちなみにm=100万

(2) キャプションに入力する

Instagramの使い方 ハッシュタグの効果的な付け方

ハッシュタグをキャプションに入力する際も、画像のように投稿数が表示されます。
個人的にはキャプションに入力をしながら投稿数を確認して、その都度最適なハッシュタグを選んでいく方法がお勧めです。


最初に書いたように、ハッシュタグは写真に関連するものの中からメジャーなタグとマイナーなタグを合わせるのがお勧めなのですが、Instagramでは定番・人気のハッシュタグというものがあります。

  • #instagood(この写真or動画いいでしょ!)
  • #instalike(この写真or動画いいでしょ!)
  • #like4like、#l4l、#likeforlike(いいねするから、いいねしてね!)
  • #follow、#followme(フォローして!)
  • #picoftheday(今日の1枚)

などなど。

上記に挙げた人気タグは、投稿を選ばず、どんな投稿にも使うことができます。この他にも人気のハッシュタグは沢山あるので、調べてみてはいかがでしょうか。


おわり

ビューティーレディネットのサービスでは、ご契約の皆様にInstagramも含めSNSの立ち上げを無償で代行・バックアップしております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせフォームはこちら

既にInstagramを利用している方・これから利用したいと思っている方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です