最近見つけた素敵なサロンホームページ #5(読み手のことを考えた文章作り)

こんにちは、ビューティーレディネットのデザイナーです。
久し振りに素敵なサロンホームページをご紹介したいと思います!

今回は今までとは少し変違った、素敵なサロンホームページですよ。

uruu (ウルー)

参考URL:http://uruu.life/

随分と前になりますが、ホームページでこだわりや想いを伝えることの重要性をお伝えしました。
今回ご紹介をするuruu (ウルー)さんは通常のヘアサロンとは違い、ヘアセットとシャンプーを専門とするサロンです。
ホームページには専門店ならではの、こだわりや想いが綴られています。

またロゴやページの色味も店内を彷彿させるシャビーなブルーグレーのカラーで統一されていて、とてもおしゃれです。
以前書いた、サロンイメージと合ったWebページ作りの記事も合わせてぜひご覧ください。

uruuさんは福岡にあるサロンで、実はビューティーレディネットの事務所ともご近所さんです。
ホームページも素敵ですが、実際に行ってみたいと思う、気になるサロンでもあります。

読み手のことを考えた文章作り

uruuさんのページを見ていて、個人的にグッときた(心に響いた)言葉があります。

「サロンに行くのではなく、当サロンででかける準備をする。」

uruuさんのページにも書かれているように、ヘアセットは特別な日にするものという感覚が私にはありました。例えば『セットをして友人の結婚式へ』『セットをして夏祭りへ』など。

けれど、当サロンででかける準備をするという言葉に私は日常を感じました。普段の何気ない日もサロンでヘアセットをして、いつもより良い気分でお出かけ♪♪みたいな。そんな日常が想像できたのです。

読み手のことを考えた文章作り

こんな風に心に響く言葉もですが、そもそも読み手に伝わる分かりやすい文章を書くのはとても難しいことです。
対面で話すのとは違い、文章にすると意図した通りに伝わらないことが沢山あります。

ビューティーレディネットでは読み手に分かりやすく、更に検索エンジンにかかりやすいSEO対策をした文章や構成をご提案いたします。

ホームページを作りたいけれど、何を書いたら良いか分からない・文章を書くのが苦手という方も、まずはお気軽にご相談ください!

お問い合わせフォームはこちら